HOME > 【ODITT】新入社員向け ITエンジニアになるためのマインド研修(第2期)②

【ODITT】新入社員向け ITエンジニアになるためのマインド研修(第2期)②


ITエンジニアにIT技術が必要なのは当然ですが、果たしてそれだけで良いのでしょうか?決められた仕様の通りにシステムを作るなら、ちょっとしたITの知見が有ればだれでも作れてしまいます。本講座はITエンジニアとなるために必要な視点や意識の持ち方を実例を用いて解説し、理解していただくための講座です。

※講師は、第25回 iSUC札幌大会【優秀講師賞】受賞!

★本講座は、一般社団法人沖縄県情報産業協会が実施する「ODITT」の講座になります。

印刷 受付は終了いたしました

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

セミナー詳細情報

-----------------------------------------------------------------------------
本講座は、一般社団法人沖縄県情報産業協会が実施する「ODITT」の講座になります。
講座の詳細・お申し込み等、諸手続につきましては、ODITTのWebサイトにて確認・お申し込みください。

https://www.itedu.okinawa/course/detail.php?id=1680

※本サイトからのお申し込みはできませんのでご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------------

”ITの学習は未経験だが、ITエンジニア職で採用された。まず何を学べば良いのだろう?”

”プログラミングは学生時代に学んできたが、いざITエンジニアとしてやっていくために必要なことは何だろう?”

新卒採用された新人たち、あるいは採用活動中の学生たちと会話すると、このような疑問を良く投げかけられます。
ITエンジニアに求められる能力とはどのような能力でしょうか? 例えばプログラミングやデータベースなどの技術的知識は当然必要でしょう。しかしながら、それらの技術要素はITエンジニアにとっては【道具】の一つにすぎません。
エンジニア=技術者として道具を適切に・正しく活用できるのは言うまでもありません。そのために技術的研修を受けることはとても大切でしょう。
しかし、ITエンジニアはそれだけで良いのでしょうか?
ITエンジニアは、ただ単にIT技術を道具としてモノを作ればいい、と言うわけではありません。それだけなら、ITが進歩し市民権を得た昨今、自動でモノを生成するツールも有れば、ツール類を駆使して非ITエンジニアの人物が日曜大工で何かを生み出してしまうことも珍しくありません。
では何が大切なのか?
ITエンジニアは【プロ】の技術者です。プロである以上、ITと言うものに対して責任を持ちます。そして単にモノを作るだけならばアマチュアでもできる世の中ですが、プロはさらにその先を求められます。
プロに求められるもの、それは【価値】です。ITエンジニアと言うITのプロは、IT技術を駆使して【価値を生み出す】ことが大切です。
ITによって価値を生み出し、その価値が開発者⇒サービス提供者⇒ユーザーと様々なステークホルダー(利害関係者)を巡っていく過程で、各ステークホルダーはその立場なりの価値を感じます。
ITのプロであるならば、自分たちが提供するITにより、「どのような価値が生まれ」「誰が」「どのように価値を享受するのか」を説明できる必要が有ります(説明責任)。
ITエンジニアを目指す、それはすなわち「ITに対する説明責任」を持ち、「ITによりステークホルダーに価値を提供する」ことを目指すこと、とも言えます。

本講座では、これから初めてITエンジニアの世界に飛び込む人物や、社会人1年目のIT企業の新人向けに構成された、ITエンジニアになるために必要なマインドを醸成する講座です。物事の捉え方や意識の向け方、考えを整理する力などを養うことを目的としております。

新人研修の一環として、あるいは新たにITエンジニアを目指す方にご活用いただける講座となっております。是非、ご検討ください。 

======================================================
講師略歴:
(株)ニッポンダイナミックシステムズ
イノベーションディレクター 浅利 智英

主にソフトウェア開発の世界において、組込制御系システム~業務アプリケーションや官公庁向けシステム、大手通信キャリアのテレフォニーサービスの企画開発など、幅広いジャンルを経験。システムアーキテクトとして、システムアーキテクチャの構築やテクニカルアドバイザとしてシステム開発プロジェクトに携わることが多い。
最近では、要求開発方法論を用いたIT活用コンサルティングや教育ビジネス、各種セミナーやシンポジウムでの講演活動など、エバンジェリスト活動が主体。

主な講演:
JISA SPES2013
第25回 iSUC札幌大会【BRONZE】スピーカー受賞
第53回 IBMユーザー論文【銀賞】受賞
第53回 IBMユーザーシンポジウム
PMAJ 九州P2Mセミナー
他多数
セミナー名 【ODITT】新入社員向け ITエンジニアになるためのマインド研修(第2期)②
講師名 ニッポンダイナミックシステムズ 浅利 智英
開催日時 2021年 1月 22日  09時 30分 ~  17時 00分  あと1日
(受付開始:09:00)
定員 10名
会場 一般社団法人 沖縄県情報産業協会 研修室(琉球大学内)
会場の連絡先 098-943-4643
所在地 沖縄県沖縄県中頭郡西原町琉球大学
受講料 18,150円
お支払い方法 一般社団法人沖縄県情報産業協会「ODITT事務局」までお問い合わせください。
https://www.itedu.okinawa/

優待料金は\18,150、一般料金は\28,150となります。(講義費、教材費込)
詳しくはODITTのWebサイトをご覧ください。
申込締切 2020年 1月 7日 
準備するもの 筆記用具
キャンセルについて 一般社団法人沖縄県情報産業協会「ODITT事務局」までお問い合わせください。
最少催行人数(8名)に達しなかった場合、講座はキャンセルとさせていただく場合がございます。
備考 教育内容についてのご質問・お問い合わせは以下にお願いします。

(株)ニッポンダイナミックシステムズ
https://www.nds-tyo.co.jp/takumi/contact/index.php


講座の実施・運営・諸手続についてのご質問・お問い合わせ・お申し込みは以下にお願いします。

一般社団法人沖縄県情報産業協会 「ODITT事務局」
https://www.itedu.okinawa/course/detail.php?id=1680

※本サイトからのお申し込みはできませんのでご注意ください。
※最少催行人数に達しなかった場合、講座はキャンセルとさせていただく場合がございます。
主催者 (株)ニッポンダイナミックシステムズ
お問い合わせ先 03-3439-2001   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 受付は終了いたしました

沖縄で活躍する専門家に相談しよう!kukuyun

掲載するには»