HOME > 日本人が知らないアメリカのモノ作りの哲学と文化を融合した日本の経営法

日本人が知らないアメリカのモノ作りの哲学と文化を融合した日本の経営法


企業の発展の根本原理

リラックスした状態で話を聞ける講話会に参加しませんか?
(会議用テーブル使用)

グーグルの私達の働き方の本の内容の一部ですが、この理論を使っているんだな等、多少は解るようになります。かなり、本格的な内容ですが、実用的かと言われたら、それは企業によりけりです。アメリカ企業が思想や法則性の解答のみを、マネジメントに活用することを道具主義と言うそうです。    

アメリカ建国の母の画像
 マーサ・ワシントン

主催者
〇マネジメント応用論・実践論修了
〇マネジメントコミュニケ―ション
〇ストレスマネジメント
〇自己分析セミナー修了 
〇ボディワーク各種

印刷 このセミナーに参加する

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

セミナー詳細情報

1970年代アメリカからモノ作りが伝わってきた時、アメリカは既に、物質偏重主義からの脱却を図り、人間重視の取り組みに入り、個人の価値と充足感を求める時代になったと言います。(産能アサーティブより抜粋)

Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You

しかし、その頃、アメリカは人種問題や性差別撤廃運動が盛んで、日本は、その騒動を懸念して、アメリカの経済論の思想を日本には入れず、文化を強調した思想を確立していったのが、今日の日本の経済の在り方となったのです。

Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You

日本企業の良くない所は、一目瞭然です。今日、個々がそれぞれの幸福の有り方を問われる時代になってきています。それが、経済の本来の目的です。

Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You

アメリカの根底にある、日本には伝えられなかった、経営の概念とモノ作り発想と理想世界、それと、日本人の経営者が本当に伝えたいこととは、等について書籍より抜粋し、まとめてみました。(アメリカ哲学より抜粋)

Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You  Thank You

アイディアやモノ作りに必要な思想や企業の発展の仕方、後、情報の活かし方まで。それと、働き方改革の根本の意味を知り、なぜそれを実施しなくてはいけないかもわかると思います。

セミナー名 日本人が知らないアメリカのモノ作りの哲学と文化を融合した日本の経営法
講師名 伊敷千尋
開催日時 2019年 4月 14日  13時 30分 ~  16時 00分  あと22日
(受付開始:13:00)
定員 10名
会場 糸満スポーツロッジ
会場の連絡先 098-995-1126
所在地 沖縄県糸満市西崎3-1ホテルスポーツロッジ糸満
受講料 3,000円
お支払い方法 当日会場にて(会議室で受け付け)
申込締切 2019年 4月 12日  あと20日
準備するもの 筆記用具・飲み物
キャンセルについて 4月12日まで(要連絡)
備考 参加希望者は、事前にメールに連絡ください。
もしくは、TEL(後ほどかけ直し)
4月12日まで受付け中。
主催者 白坂悦子
お問い合わせ先 080-6497-0072   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 このセミナーに参加する

沖縄で活躍する専門家に相談しよう!kukuyun

掲載するには»